Macのブログ

外壁塗装はなぜ必要なんでしょう?


我が家を新築してからもう10年
外壁の塗装が色あせてきた
目地がひび割れてる
触ってみたら、手に粉のようなものがつく
外壁塗装が傷んでいる証拠ですね
この状態では外壁塗装の役割は終わっています。

新築から3年ほどでもこんなになってしまう
外壁塗装が意外に多いんです
なぜでしょう?
塗りあがりがとりあえず綺麗であれば良いので
寿命が短い低品質の塗料を使っているからなのですね

経済性を考えると少なくとも7年間は塗り替えずに済む塗装をおすすめします。

外壁塗装の本来の役割は雨や湿気から建物を守ることなのです

外壁塗装は家を綺麗に見せるためのものなんて思っていませんか?
外壁から内部へ水が浸み込むと柱や金属が湿気で傷みます。
柱は腐り金属は錆びて建物の骨組みが弱ります。
やがて天井のシミや雨漏り、室内のカビの発生という形で建物の傷みが現れます。
そんな風になると外壁塗装だけでは済まず、建物の傷みを診断して骨組みを補修しないといけないことになり、費用も余計にかかります。

症状がでたらなるべく短期のうちに塗り替えを検討しましょう。

メールでのお問い合せはこちら

「そろそろうちも塗替えしなきゃな。でも予算が…。」と、お考えのあなた。

まずは、お電話ください。
名張塗替え太郎本舗 Produced by 職人大学
〒518-0428 三重県名張市つつじヶ丘南8番町175
フリーダイヤル 0120-685-340(フリーダイヤル受付時間 午前9時~午後7時)
TEL 0595-68-5340(代表)、FAX 0595-68-5344