Macのブログ

その見積りちょっと待った

見積りのこんなところに気をつけて

見積もりをもらったからって、「はい、契約!」とはなりません。
見積書には足場代、塗料名、塗装工事代といった項目がきちんと記載されているでしょうか。

もらった見積もりを見ながら家族会議を開くもよし、他社の見積もりと比較するもよし。
業者さんのペースの乗らないためにもここは一呼吸おいて、誰が工事するのか、保証など不具合があった時の対応はなど、金額以外のこともチェックしましょう。

チェック1、明細はなくて塗装一式○○万円だけ

外壁塗装は、足場を組んで建物の周りを囲って外壁の汚れを水洗いで落として、それから下地、中塗り、仕上げと3回の塗装の工程を経て作業が終わります。

見積もりの書き方は業者さんによっていろいろですが、塗料代しか記載されておらず工事代は別途見積りというありえないお話を伺ったこともあります。
塗料代、塗料名、足場代、塗装代といった工事に関する明細が書かれていて、それらをきちんと業者さんが説明してくれることが信頼できるか否かの分かれ目ですね。

チェック2、直受けか外注か

こうして欲しいなど現場を見ながら直接伝えられるのが直接施工のメリット。
そして、直接施工ならお金が中間経費に消えて工事の質が落ちるようなこともありません。御察しの通り、下請け、孫請け、ひ孫請けなんてやってたら工事の質がドンドン下がります。
直接施工できる業者さんを選んでください。

チェック3、施工終了からが本当のお付き合いです

工事は万全を期して行いますがその後になって気になることも出てきます。相談事が発生した時にちゃんとお付き合いできる会社か否かを営業さんが良い人かどうかを別にしてよく見極めましょう。建物工事は施工後のアフターケアが大事なんです。

チェック4、建築の知識がある工務店がおすすめ

建物本体に不具合があった時、塗装の知識しかなければそれに気がつきません。大切な家なのにそんな業者さんに任せるのは心もとないですね。

外壁塗装は、お客様に最適な塗料を提案する以上に、建物を拝見させていただいた時に、建物の傷みがわかる知識が必要なんです。

新築、増改築も手がける建築工務店なら安心です。

名張塗替え太郎は足場、養生、高圧洗浄、外壁塗装、付帯部塗装さらに3年間の品質保証、全て含んで63.8 万円より(税別)(7年寿命のシリコン塗装の場合)

名張塗替え太郎では、ASTEC、ガイナといった優れた塗料や日本ペイントなど一流メーカーの塗料を使い、地元の職人が直接施工します。

メールでのお問い合せはこちら

「そろそろうちも塗替えしなきゃな。でも予算が…。」と、お考えのあなた。

まずは、お電話ください。
名張塗替え太郎本舗 Produced by 職人大学
〒518-0428 三重県名張市つつじヶ丘南8番町175
フリーダイヤル 0120-685-340(フリーダイヤル受付時間 午前9時~午後7時)
TEL 0595-68-5340(代表)、FAX 0595-68-5344