Macのブログ

職人大学がお役に立ちます

「外壁塗装で建物本体を防水して劣化を防ぐ」というのは住宅のメンテナンスとして必要なことで、定期的に塗り替えなどのお手入れをしていただきたいのですが、時には建物の知識が必要なほど外壁の劣化が進行している場合があるのです。

長い間放置してきたひび割れや塗装の浮き。

このような場合、住宅の骨組みの方へ水が染み込み、建物を支えている柱や壁材、ボルトにも傷みが及んでいる場合があります。
このような状況に至った建物は、塗装だけの知識では太刀打ちできないのです。

こんな時は、外壁を剥がすなどして内部の傷みがどれほどのものか建物劣化の診断をしてから処置を決めます。

これができるのは、建築士がいるリフォーム会社や工務店。
なぜかというと、国の免許を得てきちんとした知識をもって仕事をしているから、適切な診断をした上で工事ができるのです。

メールでのお問い合せはこちら

「そろそろうちも塗替えしなきゃな。でも予算が…。」と、お考えのあなた。

まずは、お電話ください。
名張塗替え太郎本舗 Produced by 職人大学
〒518-0428 三重県名張市つつじヶ丘南8番町175
フリーダイヤル 0120-685-340(フリーダイヤル受付時間 午前9時~午後7時)
TEL 0595-68-5340(代表)、FAX 0595-68-5344